越戸葉子

越戸 葉子Yoko Koshido

銀座本店 チーフ 販売スタッフ
2012年入社

CAFERINGは、
「すべての希望が叶う場所」だった

前職は、フルオーダーがメインのウエディングドレスショップでサロンマネージャーをしていました。
シルクの美しいドレスを身に纏った、幸せいっぱいの花嫁様を全国各地にお送りする仕事は大好きだったのですが、体力面で働き続けることが難しく、転職を考えていたタイミングでCAFERINGと出会いました。
お客様と直接関わる事が出来ることに一番の幸せを感じる私にとって「店頭での接客」「幸せな方が集まるブライダルジュエリーに携わる仕事」「商品が美しいこと」「キラキラした街で働くこと」…などたくさんのこだわりがある中、そのすべてが叶うCAFERINGにご縁をいただき、入社する事となりました。

越戸 葉子

現在は、お客様への接客と新人研修を担当しています。
CAFERINGにいらっしゃるお客様は、特に初めて選ぶブライダルリングでは、ご希望のデザインや形についてあまり具体的なイメージがない方も多くいらっしゃいます。そんなお客様にリングを着けていただいたりお話をしていく過程で、心の中にあった「好きなもの」や「惹かれるもの」を引き出し、一番のお気に入りを見つけていくお手伝いをしています。
働き方については基本的に残業も少なく、自分の時間を作りやすい環境だと思います。

ジュエリーは、
「なりたい自分になれるスイッチ」

私にとってジュエリーは、「着けた瞬間、スイッチが入るアイテム」です。仕事の日と休日で着けるジュエリーを変えていて、仕事の日はきちんとした印象のものを、休日は気分が弾むようなかわいいものを選ぶことが多いですね。
ジュエリーが「なりたい気分」や「なりたい自分」にスイッチを切り替えてくれるので、お休みの日は少しだけ女子気分に戻れます。

越戸 葉子

CAFERINGを通して、
選ぶ幸せを感じていただきたい

例えば、ブライダルリングを選ぶということは、これから結婚をするということ。結婚しなければ選ぶことのないジュエリーなんです。そんな特別なジュエリーを選ぶ「時間」そのものを最大限に楽しんでいただくのが、私の役割だと考えています。
最初は、彼女に言われて連れてこられただけなので…というお客様もいらっしゃいます。ですが、途中から「自分はこっちのほうが好きだな」という希望が、むしろ男性のほうから熱心に出てきたりします。
そうしておふたりで選んだブライダルリングは、何年経っても結婚当初のことを思い出せる、特別なジュエリーになっていくはず。仲良く着けていただき、幸せを感じていただければと思っています。

ブライダルリングという
宝物選びをお手伝いしたい

CAFERINGのお客様には、毎年会いに来てくださる方や、記念日ごとに奥様へのプレゼントを選びに来てくださる方がいらっしゃいます。
「十周年のお祝いに、妻にプレゼントを贈りたい」と旦那様がおひとりでご来店された際は、ブライダルリングと同じシリーズのネックレスをご提案したこともありました。
パートナーへの愛情を忘れなかったり、記念日を大切にしたり…CAFERINGにはそんなお客様が多いように感じます。
代表の青木がよく話す言葉のひとつに、「ブライダルリングはお客様にとって一生の宝物」というものがあります。リングは婚約や結婚のタイミングだけでなく、その後の人生においても一生のもの。そんな宝物選びをお手伝いできることに嬉しさや幸せを感じます。

私が選ぶCAFERING
ストーリーに惹かれた「Aperitif」

私はいつも、「Aperitif(アペリティフ)」のピンキーリングを身に着けています。
「Aperitif」はシャンパンの気泡をイメージしたラインです。シャンパンで乾杯するのは、お祝いの席や幸せの瞬間。身に着ける人にとってのお祝いがたくさん増えますように……というストーリーに惹かれました。
CAFERINGのジュエリーは、「Aperitif」だけでなくすべてのジュエリーひとつひとつにストーリーがあります。幸せを願うストーリーと共にジュエリーを作る。そんなCAFERINFの在り方を大切にしているので、お店でお客様と接する際にも必ず、込められた想いやストーリーをお話するようにしています。
アニバーサリージュエリー選びや、メンテナンス・クリーニングなど、幸せの節目ごとにお客様に訪れていただけるようなショップでありたいと思います。