取扱いとお手入れ

取扱いとお手入れ

永くご愛用いただくために…
ジュエリーのお取扱いとお手入れ

ジュエリーは、大切にお取扱いいただくと何十年と永くご愛用いただけるものです。
ここでは、日常でのお取扱いの注意点とご自宅での簡単なお手入れ方法をご案内いたします。

日常でのお取扱い

身に着けているときの注意点

どの素材であってもジュエリーは繊細です。硬度のあるハードプラチナも、重い荷物を持つなど一点に力をギュッと加えると変形することがあります。また、衝撃が加わり地金が変形すると、留めている石がゆるむ場合があります。力仕事のときにはジュエリーを外し、ジュエリーを身に着けているときはぶつけたりしないように気を付けましょう。

外したときの保管方法

外出先から戻ったら、ご自宅ではジュエリーを置く定位置を決めておくと紛失を避けることができます。結婚指輪を外す際は、納品ケースやトレーなど、いつも同じ場所へ戻すと良いでしょう。また、ジュエリー同士が重なり合うと、小傷の原因になりますので、離して保管することをおすすめします。

ご自宅でのお手入れについて

プラチナ・ゴールドのお手入れ

プラチナは、化学的に安定した特性を持つ貴金属です。日常生活において変質・変色する心配がほとんどなく、お手入れも簡単です。
普段のケアは、外したときに柔らかい布でさっと拭くだけで大丈夫です。
特に汚れが気になるときは、ぬるま湯に中性洗剤を少量溶かし、柔らかいブラシで磨きましょう。水でよくすすぎ、柔らかい布で拭いて乾かせば完了です。
誤って排水口に落とすことのないよう、必ず栓をして行ってください。
ゴールド素材については、プラチナと違い、酸化により変色することがあります。
ジュエリーを外す度に、クロスできちんと拭きましょう。香水やヘアスプレー、消毒液などが付着したり、温泉に着けたまま入ったりすると酸化して変色の原因となることがあります。

ダイヤモンドのお手入れ

ダイヤモンドは地球上で最も硬い物質として知られていますが、衝撃の強さや確度によっては、まれに欠けてしまうことがあります。ジュエリーを身につけているときはぶつけたりしないよう気をつけましょう。また、ダイヤモンドには親油性と言って油分が吸着しやすい性質があり、皮脂や化粧品が表面に付くことによって輝きが曇ってくることがあります。
ダイヤモンドもプラチナと同様に、外したら柔らかい布で拭くか、中性洗剤を溶かしたぬるま湯と柔らかいブラシで洗浄をしていただくと良いでしょう。

CAFERINGの
メンテナンス・アフターケア

CAFERINGではお買い求めいただいたジュエリーすべてにシリアルナンバーの入った保証書を発行しており、修理などのアフターケアも安心してご利用いただけます。
また、ジュエリーのクリーニングは無料で承ります。その際に、石のゆるみがないかなど、メンテナンスチェックもさせていただきますので、数年に一度ご利用いただくことをおすすめいたします。
ブライダルリングにおいては、CAFERINGの直営店と全国取扱店にてアフターサービスを行っています。
※ブライダルリング以外のジュエリーは直営店のみの対応とさせていただいております。

ご愛用される中で、気になることがおありの際は、店頭やお電話にて、いつでもご相談ください。