Diamond

"厳選されたダイヤモンド"

DIAMOND_LAST.jpg
 

毎日の中で、気持ちまで輝く
CAFERINGのダイヤモンド

CAFERINGが最も拘っているのは、日常の暮らしの中で美しい輝きを放つダイヤモンドです。Cutのグレードは、エクセレント以上の上位2つのクラスのみを使用し、独自のClarity基準を設け(内包物の位置等)この基準をクリアするのは、全体の僅か10%にすぎません。(VSクラスの場合)更に、ダイヤモンドの鑑定書とは別に”輝きの証”Brightness Viewレポートを添えています。

 
 
希少な正八面体のダイヤモンド
 
 
ラウンドブリリアントカット58面体

CAFERING が「ラウンドブリリアントカット58 面体」を採用することには理由があります。
ダイヤモンドの世界基準としてその歴史と共に最も愛され、評価され価値があるカットは、セレブリティ達の手で輝き、世界で最も愛されています。

 
 

CAFERINGダイヤモンドの厳選基準

 
 
 

1 クラリティ

内包物の位置まで見極める

ex) VS2検品基準:4C評価が同じVS2クラスでも、内包物が比較的ダイヤモンドの中央に確認できるものや表面上に傷がある場合は、カフェリングの基準を満たしません。

ex)
VS2検品基準:4C評価が同じVS2クラスでも、内包物が比較的ダイヤモンドの中央に確認できるものや表面上に傷がある場合は、カフェリングの基準を満たしません。

 
 
 

2 プロポーション

ダイヤモンドのプロポーションを厳選

プロポーションが良くなければ、 美しいブライトネスがでません。  カフェリングでは美しい輝きのため、 プロポーションにも厳しい基準を設けています。  ダイヤモンドの直径に対してテーブルサイズ、クラウンの高さ、パビリオンの深さ、クラウンの角度など、カフェリングが定めるパーセント比率の基準をクリアしたもののみを厳選しています。

プロポーションが良くなければ、
美しいブライトネスがでません。

カフェリングでは美しい輝きのため、
プロポーションにも厳しい基準を設けています。

ダイヤモンドの直径に対してテーブルサイズ、クラウンの高さ、パビリオンの深さ、クラウンの角度など、カフェリングが定めるパーセント比率の基準をクリアしたもののみを厳選しています。

 
 
 

3 輝きの照明

ダイヤモンド ブライトネス ビュー

CAFERINGのダイヤモンドは、4Cのグレード評価から更に、肉眼で見ても美しい輝きを放つ上質なダイヤモンドのみを厳選し、ご提供させて頂いています。 その美しさの条件に「ブライトネス・シンチレーション・ファイアー」が存在します。 下の写真は、その中で最も輝きを肉眼で感じられるブライトネスを証明するため、ダイヤモンドに上から光を当て、内外部反射を画像化したものです。〔特許第6041909号〕

CAFERINGのダイヤモンドは、4Cのグレード評価から更に、肉眼で見ても美しい輝きを放つ上質なダイヤモンドのみを厳選し、ご提供させて頂いています。
その美しさの条件に「ブライトネス・シンチレーション・ファイアー」が存在します。
下の写真は、その中で最も輝きを肉眼で感じられるブライトネスを証明するため、ダイヤモンドに上から光を当て、内外部反射を画像化したものです。〔特許第6041909号〕

ダイヤモンドブライトネスビュー

カフェリングの基準をクリアしたダイヤモンド   ダイヤモンドはその光学的特性を生かし、高精度な研磨が施されると中心部が強く反射し放射状に全体が均質に輝きます。CAFERINGの美しい「ダイヤモンドの輝き」をご確認下さい。

カフェリングの基準をクリアしたダイヤモンド

ダイヤモンドはその光学的特性を生かし、高精度な研磨が施されると中心部が強く反射し放射状に全体が均質に輝きます。CAFERINGの美しい「ダイヤモンドの輝き」をご確認下さい。

基準をクリアできなかったダイヤモンド  規則性はあるが反射光は中心部のみで全体の反射光量は少ない。(左図)  規則性がなく中心部の反射光量が少ないため暗く見える。(右図)

基準をクリアできなかったダイヤモンド

規則性はあるが反射光は中心部のみで全体の反射光量は少ない。(左図)

規則性がなく中心部の反射光量が少ないため暗く見える。(右図)