Comfortable

"極上のつけごこち"

top_image4.jpg
 

日常で疲れない、
“極上のつけごこち”
日本人の骨格に合わせた「アジアン・フィッティング」

洋服やサングラスと同じように、
ジュエリーでも心地よいフィット感=つけごこちが大切。
特に毎日使う手を彩るリング。
欧米人に比べ細い指の日本人には、
ゆるやかな優しい流れのあるラインが比較的よく似合います。
カフェリングでは、身につけた状態を常にシミュレーションしながら、
融け合うようにストレスフリーなフォルムを追求しています。

 
 

リングへのこだわり

何度も丁寧に磨き上げ、リングの表面・側面・裏面の美しさにこだわった指輪は、薬指の内側だけでなく、中指や小指との当たりも考えたつけごこちのよさを追求しています。

 
 
 

1 上質甲丸

 

上質甲丸

より心地よくするために、内側から側面にかけて平面を持たずに繋がっている形状(内甲丸)に仕上げています。

 
 

2 幅と厚みの微調整

 

幅と厚みの微調整

手の平側は手を握る際に違和感を感じやすい為、甲丸の度合いと共に幅・厚み等の調整も入念に行っています。又、リングの上下や指を入れる方向により指なじみの取り方を調節しています。

 
 

3 つけごこち+強度

つけごこち+強度

指馴染みを施さないリングは厚みが薄くてもある程度強度を保てますが、指馴染みの良い内甲丸を施すリングは強度が保てません。その為、強度面も考慮し、しっかりと厚みをとった上で側面をすっきりと軽やかに見せるつくりにしています。