婚約指輪・結婚指輪の素材 〜ダイヤモンドについて〜

婚約指輪の主役ともいえる宝石。

なかでもダイヤモンドは、永遠に続く愛の象徴として高い人気を誇ります。 

3.jpg

ダイヤモンドには一粒一粒に個性があり、鑑定書のグレードが同じでも、輝きや美しさは異なります。Cafe Ringでは自然光のもとでも美しく輝くダイヤモンドにこだわり、ダイヤモンドの上から光を当て反射光をテストをすることで肉眼で最も感じられる輝きの証明書「ブライトネスビュー」を添えています。

4.jpg

婚約指輪のダイヤモンドを選ぶ際は、実物を見て判断するのがベスト

ダイヤモンドには「4C」といわれる評価基準があり、その評価によって美しさと価値が変化します。「4C」とは「カラット」「カット」「クラリティ」「カラー」のこと。

 

4C」とは?

①    カラット

宝石の重さを表す単位で1ct=0.2gに相当。婚約指輪に飾られるダイヤモンドの大きさは、0.2ct〜0.5ct (直径4〜5mm)が多く選ばれています。

②    カット

ダイヤモンド全体のプロポーションと研磨の技術を表します。カフェリングCafe Ringでは、総合評価最高のExcellent [エクセレント]からお選び頂けます。

③    クラリティ

内包物の数、大きさ、位置による透明度を表します。Cafe Ringでは鑑定書に記載されているグレードだけでなく、内包物の位置まで見極めています。

④    カラー

完全無色の[D]カラーから、黄色味が強い[Z]カラーまでの分類。婚約指輪では、Cafe Ringが取り扱う完全無色のD〜Fカラー、あるいはほぼ無色のGカラーが好まれています。

6.jpg

ダイヤモンドの大きさやカラー、カッティングによって作られる輝きの善し悪しは、実物を見て判断するのがベスト。なかでも、大きさは個人の好みはもちろん、身につける人の手の大きさや指輪のデザインによっても相応しいサイズが異なるので、色々なデザインを見比べ、試着することをオススメします。

Cafe Ringではお客様の手の骨格やライフスタイルなど踏まえて、最適なリングとの出会いをお手伝いします。