[BLOG] 指輪のデザインや幅で変化する手元の印象 〜手元をスッキリ見せるリングの形は?〜

16.jpg

指輪のデザインやリングの太さ(アーム幅)の違いで、手元の印象は大きく変えます。

デザインや幅の違いでどのような印象を与えるかご紹介します。

18.jpg

Robe de mariee ローブドゥマリエ / 永遠のメモリー 商品の詳細はこちら

一般的に選ぶ人が多いのは、2.5mm〜3.5mm

2.5mm〜3.5mmのリングは太すぎず細すぎずの定番の幅だけあり、見た人にごく自然な印象を与えます。

 

2.0mmのリングは華奢で上品な印象を与えます。

細い分、指と密着する面積が狭くなるため、指輪を着け慣れてない方にもオススメです。

 

4.0mm以上の太めの指輪は、存在感があるため個性的な印象を与えます。指がしっかりしていて手の大きい男性などに好まれるようです。

17.jpg

 Vanille ヴァニーユ / 優しい時間 商品の詳細はこちら

Vラインのリングは指を綺麗に見せてくれる?

シンプルなストレートの形のリングは、指輪に慣れていない男性でも抵抗なく身につけられるので人気。同じストレートのリングでも、角張ったシャープな形状はカジュアルな印象に、丸みのある形状は優美で落ち着いた印象を与えます。

 

緩やかなウェーブを描くリングは指馴染みが良く、上品な手元を雰囲気を演出。なかでも人気なのが「ひねり」の入ったデザインで、その曲線によって優しい印象になります。

 

スッキリとしたVラインのリングは、指をスッキリとした印象に。

V字の切り込み具合によっても印象が変わるので、丸みが加わったU字のリングなどと比較しながら、自分に合うリングを探すのが良さそうです。

 

ただ、指輪の幅は手や指のバランスとも関係しますので、一概にはいえません。

色々な指輪を試してフィットする幅を見つけましょう。

Cafe Ringでは「プラチナエキスパート」「ジュエリーコーディネーター」の資格を持つスタッフが指にフィットするリングをご提案させて頂きます。

BLOGCafe Ring Cafe Ring