[BLOG] 婚約指輪・結婚指輪の素材 〜プラチナについて〜

ジュエリーというとシルバーやゴールド、プラチナなど、多数の素材が存在しますが、

ブライダルリングではプラチナリングが定番化しています。

その昔、隕石によって地球にもたらされたといわれ、地球上でもっとも稀少な貴金属とされているプラチナ。70億人の中からたった一人と巡り合う奇跡を、永遠の絆に代える誓いのリングにふさわしい素材とし、日本ではブライダルリングにプラチナが一番選ばれています。

 

「プラチナは金属アレルギーが出にくい」

プラチナは金属アレルギーが出にくく、ホワイトゴールドが時を経るにつれ変色する可能性があるのに比べ、白く上品な美しさを保ち続ける永久性が魅力です。

白金と呼ばれるように、本来持つ色が銀白色。プラチナ単体では純金属として柔らかいため、別の金属と合わせて合金にしてからリングやネックレスに加工します。

Lien リアン / ふたりの絆  ※リングの詳細はこちら

 

独自の配合で、ダイヤモンドを引き立たせる白さと変形しにくい硬度を実現。

Cafe Ringでは独自の配合によるプラチナで、ダイヤモンドの輝きを引き立てる白さと、変形しにくい硬度を実現。配合する割金にまでアレルギー性の低い素材を使用しており、より多くの方に安心して身につけていただけるよう、こだわっています。

また、Cafe Ringのスタッフは「プラチナエキスパート」「ジュエリーコーディネーター」の有資格者。「※プラチナエキスパート」とは、プラチナ・ギルド・インターナショナル認定のプラチナの専門知識を持った人に与えられる称号のこと。プラチナやダイヤモンドの正確な情報や価値を丁寧にご説明するほか、疑問にもお答えします。