[BLOG] 婚約指輪の種類 〜基本デザインは4種類〜

プロポーズの際に、永遠の愛を形で伝える婚約指輪(エンゲージリング)。

どのようなデザインがあるのでしょうか。

3.1.jpg

婚約指輪の基本デザインは4種類

婚約指輪のデザインには、結婚指輪と重ね付けできるタイプや、普段使いしやすいデザインのものなど様々。

 

①   婚約指輪で最もオーソドックスな一粒石のデザイン「ソリティア(ソリテール)」

3.2.jpg
Rosette duo ロゼット デュー / 優美  ※リングの詳細はこちら

シンプルな作りでダイヤモンドの輝きがより引き立ち、高級感が漂います。リングの素材や形状、石の大きさなどすべてが活きるので、ダイヤモンドの品質にこだわりたい方におすすめのデザインです。

②  センターストーンとメレ(0.1カラット以下の小さな石)を組み合わせたデザイン「サイドストーン」

2.3.jpg
Cheri duo シェリ デュー / 愛を繋ぐ  ※リングの詳細はこちら

ダイヤモンドの数が増えるため華やかさを感じられます。メレダイヤモンドがセンターストーンを引き立て、より大きく見せてくれます。

③   メレを石畳のように敷き詰めたデザイン「パヴェ」

3.3.jpg
Chalon シャロン / 憧れ  ※リングの詳細はこちら
 

メレだけでも華やかさがありますが、センターストーンとの組み合わせはよりゴージャス感が感じられます。

 

④  同一サイズの石がリング全体に埋め込まれたデザイン「エタニティ」

3.4.jpg
Celebrare・Lieto・Piacere / 祝う・うれしい・楽しみ ※リングの詳細はこちら

途切れることなく石が並んでいるさまが「永遠の愛」を象徴しているとして、この名が名付けられました。繊細さがありながらラグジュアリー感も併せ持ち、結婚指輪との重ねづけや日常使いもしやすいデザインです。

3.5.jpg

基本デザインを踏まえ、Cafe Ringの婚約指輪のコレクションを見ると、二人にとって”ふさわしいリング”が見えてくるのではないでしょうか。