山本 洋典

山本 洋典Hironori Yamamoto

卸営業部 主任
2008年入社

仕事を通じ、
全国にたくさんの「幸せ」をお届けしたい

直営店舗での販売職を経て、現在は全国に約90店舗ある取扱店への営業活動を行なっています。
新規開拓に加え、既存のお取扱店先にも定期的に訪問し、商品のご提案や接客研修を行います。
取り扱ってくださる店舗様を通じ、全国の皆さまにCAFERINGのジュエリーや世界観を提供できる仕事に大きなやりがいを感じています。

前職からジュエリーの販売職に従事しており、そこでブライダルジュエリーに携わる機会がありました。
「結婚」という人生の節目となる幸せな瞬間に関われる事が何よりも嬉しく、ブライダルジュエリーに特化した強みのあるブランドで働きたいという気持ちが大きくなり、転職を決意しました。
CAFERINGへ入社した理由は、代表・青木の人柄や経営理念、働くスタッフの生き生きした表情に魅力を感じたから。なかでも「無から有を生み出す」という常にチャレンジし続ける企業姿勢に共感しました。

「身に着ける楽しみ」から「譲る楽しみ」へ

CAFERINGのブランドコンセプトは、「She is a Jewellery」。世界中の女性がジュエリーのようにきらきらと輝ける、そんな文化を築いていきたいと思っています。
また、ジュエリーに携わる人が大切にしている言葉に「ジュエリーは家宝(bijou de famille)」というものがあります。自分が楽しむだけではなく大切な人や子どもに受け継いでいくことができる……というのは、永く愛用できるジュエリーだからこその価値だと思います。
そんなジュエリーを通し、たくさんの方に「身に着ける楽しみ、贈る楽しみ、譲る楽しみ」を提供していきたいと思っています。

ちなみに、私にとってジュエリーは「大切な家族との絆」です。
私は常に結婚指輪を身に着けていますが、指輪に目が留まると家族の事を思い出すことができますし、「頑張ろう」というスイッチにもなっています。

山本 洋典

自分にとってCAFERINGは
「価値を高めてくれる場所」

CAFERINGには様々な役割を担うスタッフがいます。けれど、その間に垣根はありません。
CAFERINGとして叶えたいことや、やり遂げたいことに対して、皆が同じ方向を向いていると感じます。喜びを共有した際、周りにいるスタッフみんなで盛り上がってくれた時には嬉しさが倍増します。
部署の垣根を超えて、皆でサポートしてくれる環境に感謝しています。

また、CAFERINGは「人としての価値を高めてくれる場所」でもあります。スタッフのために常にチャレンジの場を提供してくれて、人としてもビジネスマンとしても常に成長できる環境であると思います。代表・青木からのアドバイスも、仕事だけではなく日常の中でも取り入れられるような「目から鱗」の話も多いため、何気ない会話にも集中して耳を傾けています。

私が選ぶCAFERING
自分と家族を繋ぐ「Noel」

私は「Noel(ノエル)」というネーミングの結婚指輪を身に着けています。
特に気に入っているポイントはつけ心地です。着けていることを忘れる程に指になじんでいますので、もはや身体の一部のような存在です。初めて身に着けたときに驚くほどしっくりきて、「オーダーしたものが自分にぴったりである」という嬉しさがありました。
そんな実体験があるので、お客様にも自信を持って「CAFERINGの指輪はつけ心地がよい」というお話ができます。
身に着けていただければ必ず感じていただけるはずです。
また、スーツにもカジュアルにも合わせることができる、センスの良いさりげないカッコ良さにも満足しています。