村山 達郎

村山 達郎Tatsuro Murayama

直営統括 兼 銀座本店店長
2010年3月入社

お客様の人生に貢献できる、
価値のある仕事を

私は20代前半に自分の人生観を変える大きな出来事があり、人生には限りがあること、時間や健康は当たり前ではないことに直面しました。
その時から、自分自身、よりお客様の人生に貢献できる仕事をしたいと模索し始めました。
代表の青木とは以前から面識があり、色々な話をしていく中で、人生観や仕事に対する考え方が自分とリンクする部分が多く、CAFERINGならよりお客様の人生に貢献できる価値のある仕事ができると感じ、入社を決意しました。

村山 達郎

お客様の「ありがとう」という言葉

現在は、銀座本店の店長として、接客に基づく業務が中心です。
婚約指輪をご購入される際に、女性様がリングを贈ってくださるお相手様に「ありがとう」という感謝の言葉をおっしゃっている場面を見ると、幸せと喜びを提供できている、お客様の人生に貢献できていると実感できて、自分に対して感謝の言葉をいただく時より何倍も嬉しいです。

ご縁ある方を幸せにできるもの

私にとって、ジュエリーとは「ご縁ある方を幸せにできる」ものだと思っています。
恋人同士やご夫婦はもちろん、お母様からお嬢様に受け継いだり、ご友人同士でお揃いのジュエリーを身につけたり・・・。もちろん、ご自身のためにご購入されるものも含めて、贈った時、買った時、身につけた時の幸せが思い出となって積み重ねられていく特別なアイテムだと思います。その瞬間に立ち会うことができるのは、私自身にとっても幸せな職場です。
私はCAFERINGを通してお客様に「幸せで豊かなライフスタイル」を提供していきたいと思っています。

村山 達郎

アジアを代表するブランドに

CAFERINGのジュエリーは愛用者の目線で作られています。
日常生活でも支障の出ないようシンプルなデザインの中に、こだわりを随所に入れており、CAFERINGならではのセンスが光っています。
そのCAFERINGのジュエリーをより広めていき、会社の仲間と共に、いずれはアジアを代表できるブランドにすることが私の目標です。

私が選ぶCAFERING
心地の良いブライダルリング

ブライダルリングは家族との絆であり、信用信頼の象徴だと私は思っています。
指輪をつけ慣れない男性の中には同じような方も多いかもしれませんが、もともと私は煩わしさが勝ってしまい、ジュエリーはつけずにいました。
でもCAFERINGのジュエリーは違いました。
結婚を機にブライダルリングを着けはじめましたが、CAFERINGの結婚指輪は装着感がとても心地良く、家族との絆をいつも感じていられます。

心地の良いブライダルリング